• バイク買取はローンの支払中でもできるのか

    バイク買取はローンの支払中でも利用できるサービスです。買取店のサイト等に対応の可否が書かれているので、事前に調べておけばいつでもバイクの売却が可能になります。


    ローン支払い中のバイクを買い取ってもらう場合は、まずローンの内容を確認して、バイクの所有権が自分の名義になっているか確認しましょう。自分の名義の場合は所有権留保がなく、自分の所有物としてバイクの売却ができます。ローン返済はそのまま続ける必要があるので、ローン自体が無くなる訳ではない点に注意しましょう。


    自分の名義ではなく、所有権留保がある場合はバイクの所有権がなく、勝手に売却する事はできません。



    ただし、買取店に買取を依頼するならバイクの売却ができます。

    買取店がローンを一括で返済した上で、名義を変更してバイクを売却可能な状態にしてくれるからです。

    素敵な朝日新聞デジタルの情報を求める人におすすめです。

    難しい手続きは必要なく、買取店が債務の確認をした上で適切な処理をしてくれます。買取手続きでは買取金をローン返済に充てる形になるので、ローンの残高とバイク買取の買取金を差し引きして買取金の方が多ければ、余った分を依頼主が受け取る形です。



    ローン残高の方が多かった場合はローンを組み替えて返済を継続する形になります。


    ローン支払い中のバイクを買い取る場合も、バイク買取の利用の申し込みや査定で繁雑な手続きは必要ありません。

    バイク買取の利用を申し込んだ後は、買取店に任せておけば必要な処理を請け負ってくれるので面倒がありません。


    ただし、トラブルを避ける為にローン支払い中のバイクである事は必ず、買取店に伝えておきましょう。